2014年9月6日土曜日

「心の森」の絵についての日記






この絵は2011東日本大震災の年に、被災地へ向けて描いた「応援歌」です。



もう さんざんそのことは、ほかのブログで書きつくしましたので

本日は、私の猫画について、描こうかなと思います。



私は、この絵で、初めて、こんなにたくさんの猫の絵を描きました。

それまでは、猫の絵自体お楽しみで、アメーバのお友達向けの走り書きでした。

この絵が、意志をもって描いた初めての作品です。


絵で、自分の、心を伝えること。

それを知ったとき、私は、心底、絵に夢中になりました。

これが、私のしたかったことだって。

お酒に酔うみたいに、無我夢中で、描くことに酔っぱらったというか。



この時は、まだ、ホトショップエレメンツでした。


一匹の猫の線を描いてそれをどんどんレイヤーを増やし

一匹ずつ、仕上げました。

選択範囲で囲んで塗ったのかな。

記憶は薄れましたが。

まだ、まだ稚拙ですが、この勢いはもうありません。


うまくなろう、もっと、もっとうまくなろう。

そう願い、描けば描くほど、

ぽろぽろ、両手から落ちていくものがあります。


純粋さか。

情熱か。

前進をすると、あとに戻れなくなるのは、人生と似ていますよね。


そう、生きていくものなのでしょうね。


以上、今日はおしまい。